« 三体の千手観音像 | トップページ | 信濃33観音の御朱印 »

2015年10月15日 (木)

登りゆく83mの坂道

信濃33観音札所巡り・27

1508161第16番 阿弥陀山・清水寺

千手観音

ご愛称 保科観音
真言宗智山派

長野市若穂保科1949
TEL 026-282-3701

1508162天平14年(742年)僧・行基が自ら刻んだ千手観音像三体のうち一体を、この地に安置したのが 始まりと寺伝にあり、延歴20年(801年)坂上田村麻呂が東征を果たし、その成就に感謝して伽藍を建立したと伝えられる。

1508163足利時代には八代将軍義政の篤い帰依を受け、三重塔をはじめとする多くの堂宇を連ねた一大霊場をなした。

その後、数度にわたる火災に遭い、中でも大正5年(1916年)五月の保科大火では一山を焼失したため、奈良の石井寺より二十数体の仏像を迎えて再建した。

 

|

« 三体の千手観音像 | トップページ | 信濃33観音の御朱印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登りゆく83mの坂道:

« 三体の千手観音像 | トップページ | 信濃33観音の御朱印 »