« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月16日 (金)

信濃33観音の御朱印

第5,6,7,11,16番
05_2第5番 倉科山  妙音寺
十一面観音
長野県千曲市倉科
TEL 026-274-1707
参拝 2015年10月7日
記事 2015年10月11日
06第6番 洗淵山 観龍寺
千手観音
千曲市森大峯2650
TEL 026-272-3730
参拝 2015年10月7日
記事 2015年10月12日
07第7番 虫歌山 桑台院
千手観音
長野市松代町豊栄宮崎
TEL 026-278-3967
参拝 2015年10月9日
記事 2015年10月13日
11第11番 明真山 清滝観音堂
千手観音
長野市松代町東条菅間
TEL 026-278-3967
参拝 2015年10月9日
記事 2015年10月14日
16第16番 阿弥陀山 清水寺
千手観音
長野市若穂保科1949
TEL 026-282-3701
参拝 2015年10月9日
記事 2015年10月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

登りゆく83mの坂道

信濃33観音札所巡り・27

1508161第16番 阿弥陀山・清水寺

千手観音

ご愛称 保科観音
真言宗智山派

長野市若穂保科1949
TEL 026-282-3701

1508162天平14年(742年)僧・行基が自ら刻んだ千手観音像三体のうち一体を、この地に安置したのが 始まりと寺伝にあり、延歴20年(801年)坂上田村麻呂が東征を果たし、その成就に感謝して伽藍を建立したと伝えられる。

1508163足利時代には八代将軍義政の篤い帰依を受け、三重塔をはじめとする多くの堂宇を連ねた一大霊場をなした。

その後、数度にわたる火災に遭い、中でも大正5年(1916年)五月の保科大火では一山を焼失したため、奈良の石井寺より二十数体の仏像を迎えて再建した。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

三体の千手観音像

信濃33観音札所巡り・26
1508111_2第十一番 明真山・清滝観音堂
千手観音
ご愛称 養蚕観音
真言宗
長野市松代町東条菅間
TEL 026-278-3967(福徳寺)
奈良時代に僧・行基がこの地を訪ね、桑の巨木から立木のまま1丈8尺の千手観音像を三体刻まれ、その一体をこの地に安置したのが、起源とされる。(ほかの二体は7番・桑台寺と16番・清水寺に安置されたと伝えられる)
昔からこの三寺を一度に巡礼するとご利益が大きいとされた。
坂上田村麻呂が東国制覇の折、祈願所として寺宇を建立したとされ、最盛期には36坊、7堂の伽藍をそろえ、山岳信仰の一大霊場として栄えたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

蚕を供養する桑台院

信濃33観音札所巡り・25
150871_2第七番 虫歌山・桑台院
千手観音
ご愛称 虫歌観音
真言宗
長野市松代町豊栄宮崎6531
別当寺 福徳寺
TEL  026-278-3967
150872寺院名の示すように、この地方では古くから養蚕が盛んで「むしおだの観音さん」または「むしうたの観音さん」と親しまれ、蚕を病害から守り、養蚕の盛隆を祈願する人々が、熱心に参拝したという。信心深い旅人が、さなぎの鳴き声に驚き、僧を呼んで蚕を供養する堂宇を建てたのが始まりという昔語りも伝わっている。一丈八尺の大きな観音像で、僧・行基の作三体のうちの一つという。写真は別当寺の福徳寺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

坂上田村麻呂の開基か?

信濃33観音札所巡り・24
150861第六番 洗淵山・観龍寺
千手観音
ご愛称「森の観音さん」
真言宗智山派
千曲市森大峯2650
TEL 026-272-3730
別当寺 禅透院
150862平安時代征夷大将軍・坂上田村麻呂の東征に際し妻・高子が戦勝祈願のために勧進したもの、または田村麻呂が苦戦から救ってくれた観音の化身に感謝して開基したとの二説がある。
150863江戸時代に再建されたが、戦後荒廃し,尼僧さんが住んでいた時期もあり、現在無住。地元の信者が大切にまもりつづけているという。写真は別当寺である禅透院本堂と鐘楼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

青年仏師「故郷に託す」

信濃33観音札所巡り・23
150851_2第五番 倉科山 妙音寺
十一面観音
曹洞宗
千曲市倉科竹ノ尾1192
TEL 026-274-1707
別当寺=朝雲寺
150852ご愛称は「竹ノ尾観音」
坂上田村麻呂が京の青年仏師に頼まれ、東征の折に当地に立ち寄り,一体の十一面観音を安置したのが開基とされている。
150853この観音像は青年仏師の故郷・倉科の里に住む恋しい娘の面影を映した姿とされ、征夷大将軍に託したと、伝説は伝えている。写真右は境内にある六地蔵、上の二枚は別当寺・朝雲寺の本堂と入口。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

荒良寛さんの10月カレンダー

Photo
一週間遅れの10月カレンダー紹介になりました。
今年もあますところ2か月を切りました。
「逆風でも帆の立て方で船は進む」とあります。来年の風向きを考え、帆の立て方を、ぼつぼつ考える時期だと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »