« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水)

北杜市の寺院4,5

Photo_32_3

↑ 安福寺(4);不在により資料なし。
TEL 055-135-2932

Photo_42_4


↑ 蓮照寺(5);不在により資料なし
TEL 055-135-2278

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

北杜市の寺院・萬休院

北杜市の萬休院(3)

Photo_2景勝の地・中山丘陵に位置する長松山・萬休院は元亀二年(1571年)の開創、開基は馬場美濃守信房公とされている。信房公は長篠の戦いで、天正三年(1575年)陣歿している。

2_2ご本尊は聖観世音菩薩、寺記によると二度にわたって火災に遭い資料子器物など殆ど焼失したが、ご本尊は焼失を免れ、建物は変わっても、法灯を絶やさず、今日に至っているという。
甲斐88霊場45番、武川筋33観音霊場12番の札所という。

3_2境内にある「舞鶴の松」は赤松として日本一といわれる名木。昭和九年(1934年)文部大臣指定の天然記念物である。主幹は地上2mの高さで折れ、折れ口の直下から西方に一本の横枝が伸びている。樹形は極めて美しく、まるで鶴が舞う姿に似ている処から「舞鶴の松」と命名された。
山梨県北杜市武川町三吹
TEL 055-126-2154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

北杜市の寺院・実相寺

北杜市の実相寺(2)

Photo2000年以上にわたり、この地に根を下ろした桜の巨木、「神代桜」のある大津山・実相寺。日本三大桜の一つである。日本武尊が東征の折、記念に植えたという。
その後、日蓮上人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」とも言われている。

2実相寺は日蓮宗のお寺で、身延山第五世・日台上人の弟子である伊豆守実氏(いずのもりさねうじ)が実相院・日応と名乗った。この日応上人が永和元年(1375年)ここ大津にあった真言宗の寺を訪ね、論破して寺を譲り受け、日蓮宗に改宗して、大津山・実相寺と称した。

3創建以来二度の火災に遭い歴史的建造物や寺宝などは残っていないが、境内に「神代桜」が健在。最盛期には高さ13m、幹回13m、枝張り27~30m、エドヒガンである。また境内には日本三大桜=岐阜県根尾谷の淡墨桜、福島県三春の滝桜、などの有名な桜の子桜が植えられている。
山梨県北杜市武川町山高2763
TEL 055-126-2740




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

MY GOLF 10,11

Photo
今回の MY GOLFは清里ゴルフの強化合宿。
7月15日は八ヶ岳コース 富士山コース
             53-52=105
7月16日は富士山コース 八ヶ岳コース
             51-56=107
どうにかゴルフのスコアらしき数字は出てきたが、100を切るには「まだまだ」である。
次回8月はあずみ野の穂高CCに場所を移し、再挑戦の予定だが、コースの難しさが加わるので、そうはいかないと、予想している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

信濃33観音のご朱印

信濃33観音のご朱印1~3,15,17番

01第一番 法善寺
東筑摩郡麻績村上町8147
TEL 026-367-2061

参拝 2014年6月24日
記事 2014年7月3日

02第二番 宗善寺
東筑摩郡麻績村上町8059
TEL 026-367-2061

参拝 2014年6月24日
記事 2014年7月4日

03第三番 岩井堂
東筑摩郡筑北村坂井4747
TEL 026-367-2415

参拝 2014年6月24日
記事 2014年7月5日

15第15番 岩殿寺
東筑摩郡筑北村坂北13505
TEL 026-366-4036

参拝 2014年6月26日
記事 2014年7月8日

17第17番 関昌寺
東筑摩郡筑北村東条405
TEL 026-366-2173
           (碩水寺)
参拝 2014年6月26日
記事 2014年7月9日

ご朱印をクリックすると拡大になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

岩殿山麓の天台宗古刹

信濃33観音札所巡り・15

151第15番 富蔵山 岩殿寺

馬頭観世音菩薩
天台宗
東筑摩郡筑北村坂北
        13505
TEL 026-366-4036

152奇岩・奇峰を持つ岩殿山の麓、別所川のせせらぎの響く自然豊かな地に位置する古刹である。中世には七堂伽藍が建ち並び、75社4院を連ねたとされ、岩殿山と南の富蔵山一帯に広がる天台宗修験道場の中心として、格式と盛隆を誇った。

153_2江戸、昭和と度重なる火災により堂塔の殆どが焼失したといわれる。
うち焼失を免れた銅製懸仏の御正体と大日如来像は国の重要文化財に指定されている。
なお、信濃33観音札所は当寺の前住職が寝食を惜しんで復興に尽力され、現在に至っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

別当寺は碩水寺

信濃33観音札所巡り・14

171第17番 福寿山 関昌寺
正命観音 今見堂観音

十一面観世音
曹洞宗
東筑摩郡筑北村東条405
TEL 026-366-2173

172中世から戦国期に当地を治めた青柳氏が、元禄元年(1688年)領民の無事安穏を祈願して創建したと伝えられるが、詳細は不明。
青柳氏は真言宗の修験寺として坂北の山中に隆盛していた碩水寺(せきすいじ)を曹洞宗に改めて信奉した。

173関昌寺は碩水寺の末寺の一つで、善光寺西街道西条宿の入り口に位置し、関所のような役割を果たしたと考えられている。
なお、ご本尊の十一面観音は明治以前には近くの今見堂の本尊であって、廃寺になった際に、関昌寺に移されたもの。
写真下の二枚は碩水寺。クリックすると拡大になる。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

信濃駒の名産地に馬頭観音

信濃33観音札所巡り・13

31_2第三番 笹命山 岩井堂

馬頭観世音菩薩
古司(こし)尻つみ観音

東筑摩郡筑北村坂井4747
TEL 026-367-2415
代行

32開基など寺歴不明の無住の寺。
源義経の家来・佐藤継信と愛馬「するすみ」にまつわる伝説が縁起として伝えられている。

33_2古代、信濃は優良な馬の産地であった。継信は源平合戦で戦死した信濃駒を慰霊し、優れた駒を調達して奥州に向かう任務を帯びて通りかかったこの地で、義経から賜った名馬「するすみ」が急死してしまう。愛馬を葬った継信から手厚い供養を依頼された村民が、堂を建立し、馬頭観音を祀るようになったという。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

臼井家寄進の観音像

信濃33観音札所巡り・12

21第二番 楊柳山 宗善寺

十一面観世音菩薩

元曹洞宗
東筑紫郡麻績村村上町8059-1
TEL 一番法善寺が兼ねる

22一番・法善寺より500mほど登ったところに県営の観月荘があり、その上に新しい六角堂がある。
その昔、北国脇道・麻績宿((おみじゅく)の本陣・臼井家の裏山に江戸前期の開創と伝えられるが、廃仏毀釈で廃寺となり、寺院は存在しない。

23本尊の十一面観音と薬師如来は臼井家当主が寄進したもので、廃寺後は代々当主が自家に安置し、護持してきた。
平成12年、尊像は文化文政の作として村宝に指定されたのを機に、村民の寄進により、新しい六角堂が建立され、現在地に安置されたという。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

将軍家のご朱印寺

信濃33観札所巡り・11

11_2第一番 仏眼山 宝善寺

聖観世音菩薩

曹洞宗
東筑摩郡麻績村村上町
TEL 026-367-2061

12_210世紀初頭に奈良・興福寺系の寺院として創建されたと伝えられ、当時は法相宗岩龍山・西谷寺と称していたようだ。15世紀には廃寺となっていた。

13明応元年(1492年)賢甫宗俊禅師を迎えて曹洞宗・法眼山 法善寺となった。その後、麻績(おみ)城主・服部清信が再興し、家庭円満の守り仏として、檀徒、村民の篤い帰依を受け、今日に至っているという。

14江戸時代に入り、德川三代・家光から13代・家定まで年八石を賜る御朱印寺として、将軍家の保護を受けていたという。写真左は境内中央に置かれた見事な松の盆栽。その上は最盛期を迎えた水蓮。(写真をクリックすると拡大。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

荒良寛サンの7月カレンダー

07
今日から7月。本格的な夏である。遊びの季節である。
例月の荒良寛サンのカレンダーをめくると「皮肉たっぷり」だ。

まさに自分が見透かされているような感じだ。
他人様から、そういわれないように反省しきりである。
もう手遅れかな・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »