« 真言、天台、それから曹洞宗に | トップページ | 火災にも残った槇の大木と観音像 »

2014年2月25日 (火)

生涯信仰に徹した白木観音

0401_2遠州33観音 四番
鞍淵山 春林院

ご本尊 能満虚空蔵菩薩
札所本尊 聖観世音菩薩

掛川市吉岡1051

0402文明元年(1469年)創建当時は山深い市内垂木七窪にあり、寺名は不明。天文4年(1535年)遠江地頭職・原頼郷の伯母・春窓林尼公を開基として移転開創。可睡斎の後見寺として現在に至っている。

0403白木観音
観音信仰の功徳主・白木ハナエ氏により昭和57年、時の永平寺貫主・泰慧玉禅師による命名・開眼で、建立された。
昭和62年、現在19世・晋山とともに東京より掛川市に転居、5億円を寄付して掛川城の復元・再興に尽力、ほかに可睡斎坐禅堂再建、鐘楼・山門の新築、子安観音・慈母観音建立など福祉・慈善事業に布施行を行い平成7年96歳を一期に信仰に生き、質素倹約に徹した生涯をとじられた。


 

|

« 真言、天台、それから曹洞宗に | トップページ | 火災にも残った槇の大木と観音像 »

コメント

Update- watch Can Have A Substantial role In Any Organization

投稿: デニムパンツ-メンズ la-生デニム | 2014年3月21日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生涯信仰に徹した白木観音:

« 真言、天台、それから曹洞宗に | トップページ | 火災にも残った槇の大木と観音像 »