« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

アジサイが遅ればせながら咲き誇る

上野散歩

2
今年も上野の山のアジサイは遅咲きながら、まだチラホラ見られる。こちらがサボって居たせいか、新鮮に映った。2~3紹介。

1


寛永寺両大師の境内にはひっそりと額アジサイが咲いていた。

3一般的なもの。
阿弥陀堂の裏手。

Photo


早咲きのユリはすでに散りかけていた。
(写真をクリックすると拡大)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

ご苦労さん 昼下がりのアコーデオン弾き

私の絵画(第七作

1218067
ダブリンのアコーデオン弾き

QE英国周遊クルーズ第五の寄港地ダブリン(アイルランドの首都)で昼食後、市の中心部を散策していると橋の真ん中でアコーデオンを弾くオッサンがいた。暑い日向でご苦労なことだと思ったがバックがいいので昼下がりの一枚。
(写真をクリックすると拡大)

★制作番号 121807
★題 名  ダブリンのアコーデオン弾き
★サイズ  F6号 42㎝×33㎝
★仕 様  マーメイド紙にホルべイン水彩絵具


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

偲ばれるマシュー通りのたたずまい

私の絵画(第六作)

121806
マシューストリート(リバプール)

QE英国一周クルーズ第四の寄港地リバプール。ビートルズ誕生の地「キャヴァーンクラブ」のあるマシューストリート。これは一枚描かねばならぬというところ。

早朝であったので人通りは少なかったが雰囲気は表現できたろうか?
(写真をクリックすると拡大)

★制作番号 121806
★題 名  マシュー通り
★サイズ  P40号 98㎝×68㎝
★仕 様  マーメイド紙にホルべイン水彩絵具
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

英国の中流家庭を垣間見る

私の絵画(第五作)

121805
ペニー通り(リバプール)

QE英国一周クルーズ第四の寄港地リバプール、イングランド北西部、アイリッシュ海にそそぐマージー川の河口に位置し、18~9世紀に大英帝国の貿易港として繁栄したという。「海商都市」として世界遺産に登録されている。
それよりリバプールはビートルズ誕生の地として有名である。街はビートルズ一色にあふれていた。キャヴァーンクラブを含むマシュウーストリートを散策後、彼らに歌われた「ペニー通り」を一枚描いてみることにした。ジョンレノンの生家も近くにあるそうだ。英国的な中流家庭の住宅街の街角が表現できればいいと思ったが…。
(写真をクリックすると拡大)

★制作番号 121805  ★題名 ペニー通り
★サイズ P50号 115㎝×78㎝
★仕 様 マーメイド紙にホルべイン水彩絵具

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

何事も時期を失することなかれ

6
今日から6月、今年前半の最終月。先月末から風邪をひき、悶々たる日々を送ってきた。お天気のほうも梅雨入り前のはっきりしない状態。
ここに荒良寛先生のカレンダー6月号を紹介する。時期を失すれば、持てる物も何の役にも立たないとおっしゃる。ここにも時期を失したものが一人いる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »