« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

教会と寺院が並んだ大川端

私の絵画 第五作

111705
★制作番号 111705 ★題名 寺院とキリスト教会

★サイズ P20号    ★仕様 マーメイド紙に
     74㎝×54㎝       ホルベイン水彩絵具

QM2インド洋横断クルーズ、ドバイから3昼夜かけて最初の寄港地インド・コーチン港に接岸。
町の観光に出て、一番気に入ったのがこの景色。ヒンヅー教か何かの寺院に並んでキリスト教会が大川端に沿ってあるのが面白かった。
写真をクリックすると拡大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

ご朱印帖(埼玉・群馬)

東国花の寺百ヶ寺

Photo_2 胎智山・満願寺(まんがんじ)
埼玉・第11番
行田市野744
TEL 048-559-4936
参拝 2011年4月13日
記事 2011年4月21日参照

4 聖天山・歓喜院(かんぎいん)
埼玉・第14番
熊谷市妻沼1627
TEL 048-588-1644
参拝 2011年4月13日
記事 2011年4月20日参照

3303 長壽山・福増寺(ふくぞうじ)
群馬・第12番
渋川市赤城町津久田237
TEL 027-956-3408
参拝 2011年4月18日
記事 2011年4月23日

13 石井山・珊瑚寺(さんごじ)
群馬・第13番
前橋市富士見町石井1227
TEL 027-288-3503
参拝 2011年4月18日
記事 2011年4月24日参照

関東88ヶ所霊場

88 聖天山・歓喜院(かんきいん)
88番結願所

ご朱印をクリックすると拡大になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

石仏と桜吹雪の共演場

1
寺社集印=群馬前橋市

11043 赤城山ろくに位置する東国花の寺百ヶ寺=群馬第13番・石井山珊瑚寺(さんごじ)を訪ねる。
寺伝によると大同2年(807年)勝道上人の開創、石井山・三光院三鈷寺と称し、長く無住の時代を経て文明年間(1469~1486年)に27世・義貫和尚によって天台宗に改められ寺名も珊瑚寺となった。36世・良順法印の時代に上野寛永寺の直末寺となっている。ご本尊は阿弥陀如来。
また、上州七福神の恵比寿尊天霊場である。駐車場から参道に上がったところに池に面した弁天堂があり、その前に七福神石像が並ぶ。水面はサクラの花びらで飾れれていた。

Photo 境内には100本余のソメイヨシノが植えられ、満開を過ぎ桜吹雪の共演であった。これが終わると、池に水蓮の浮かぶ情景が見られるという。また秋には彼岸花の群生がひときわ目立つそうである。

3 また裏山には子育地蔵尊が祀られ、そこに至るまでに多くの石仏が祀られていた。

写真をクリックすると拡大になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

境内は庭にヨシノのハーモニー

Photo
12 寺社集印=群馬渋川市

花の季節も終りに近づき北関東を走ってみた。東国花の寺百ヶ寺=群馬12番・長壽山・福蔵寺(ふくぞうじ)を訪ねる。曹洞宗のお寺。ご本尊は釈迦牟尼仏。「山門のサクラ」と呼ばれる明治期に植えられたというソメイヨシノの古木が主役。

13 江戸初期の暦応3年(1338年)開基は狩野甚左衛門、開山は雲峯関悦と伝えられる。寺名の由来はお釈迦様の弟子に「福増」と云う人があり、齢120歳にして発心出家したという故事に因んでいるそうだ。

14 境内には「まんまる月のお庭」、北山安夫作庭の「非思量庭」、また「雲心水性庭」などあり、ツバキに始まりサクラ、ツツジ・サツキと折々の花風景が楽しめるという。
写真をクリックすると拡大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

東洋にやって来たよなコーチン港

111704
私の絵画 第四作

★制作番号111704  ★題名 コーチン港に入港

★サイズ P10号    ★仕様 マーメイド紙に
     42㎝×55㎝       ホルベイン水彩絵具

QM2クルーズ、ドバイを発って3昼夜、インド洋の半分、早朝に最初の寄港地インド南西端コーチン港に入港する。だんだんオリエンタル風の匂いが漂ってきた。

絵をクリックすると拡大になる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

県内で春を告げる早咲きシダレ

Photo_2
2_3 寺社集印=埼玉行田市

東国花の寺百ヶ寺=崎玉第11番・満願寺を訪ねる。真言宗智山派のお寺。
開山は不明だが、天正年間(1580年頃)住職・宗純和尚、享保年間(1720年頃)宥泉和尚により隆盛の時代があったようだ。
文化10年(1813年)の火災で堂宇のすべてを焼失、昭和の後半に本堂、庫裏、客殿、水子地蔵堂などが建立されて、境内も整備されたという。

3_2 境内には花木が多く植えられているが、本堂の左裏手にある「シダレザクラ」の古木が最大の見もの。
樹齢600年と推定され、埼玉では有数の名木。
このサクラは開花が非常に早く、例年3月末から咲き始め4月初めには満開を迎えるため、「春を告げる花」であるようだ。写真は盛りを過ぎた花模様だが、見事なものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

春爛漫「聖天さま」の桜かな

Photo
2_2 寺社集印=埼玉熊谷市

東国花の寺百ヶ寺=埼玉14番の妻沼聖天山・歓喜院(めぬましょうてんざん・かんきいん)を訪ねる。高野山・真言宗のお寺。

3 治承3年(1179年)斎藤別当実盛によって開かれた。実盛は篠原の戦いで壮烈な死を遂げた武将。住民の幸福を祈って聖天山をこの地の総鎮守にした。本殿は江戸中期の権現造りで、国の重文になっている。

4 「聖天さま」と云えば桜。門前・境内はまさに「春爛漫の世界」を展開する。
殆んどはソメイヨシノといわれるが、11月から秋桜、冬桜、早春にはカンザクラ、カワヅザクラが楽しめのが、ここの魅力という。
初秋になると金・銀の花が咲くというキンモクセイ、ギンモクセイが薫り高く咲くともいわれる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

ご朱印帖(静岡・神奈川・千葉)

01 松蔭寺(しょういんじ)
白隠禅師・中興の寺
静岡県沼津市原1283-32
TEL 966-0011
参拝 2011年4月6日
記事 20114月9日参照

Photo 飯山観音(いいやまかんのん)
東国花の寺=神奈川第六番
神奈川県厚木市飯山5605
TEL 046-241-1635
参拝 2011年4月6日
記事 2011年4月12日参照

7 日向薬師(ひなたやくし)
東国花の寺=神奈川第七番
神奈川県伊勢崎市日向1644
TEL 046-395-1416
参拝 2001年4月6日
記事 2011年4月11日参照

1 荒井山・清瀧院(せいりゅういん)
東国花の寺=千葉第一番
千葉県流山市名都借1024
TEL 047-144-7904
参拝 2011年4月12日
記事 2011年4月16日参照

3 正中山・法華経寺(ほっけきょうじ)
東国花の寺=千葉第三番
千葉県市川市中山2-10-1
TEL 047-334-3433
参拝 2011年4月12日
記事 2011年4月15日参照

ご朱印をクリックすると拡大。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

水運で活気をつける運河かな

111703
私の絵画 第三作(絵をクリックすると拡大)

★制作番号111703 ★題名 ドバイ運河のほとり

★サイズ  P10号  ★仕様 マーメイド紙
     42㎝×55㎝      ホルベイン水彩絵具

昨年2月のQM2インド洋クルーズの出発地ドバイ。乗船前にドバイ市内を観光した時の記録。ドバイの中心部を横切る運河は水上交通のカナメになっている。荷物の運搬、人を運ぶ水上バスなど、まさに中東を感じさせる賑やかさだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

境内で姸を競うかシダレとヨシノ

2
Photo_2 寺社集印=千葉流山市

その足で東国花の寺百ヶ寺・千葉第1番・清瀧院を訪ねる。江戸時代初期の開山・開基と伝えられるが、不詳。市の保存樹木に指定されているシダレザクラは樹齢350年といわれる。千葉県では貴重な存在とされている。
3 このシダレザクラは既に花の盛りは過ぎていたが、かなりの存在感があった。
境内にはソメイヨシノの古木があり、それぞれが姸を競い壮観であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

五重塔ソメイヨシノで飾られる

Photo
12 寺社集印=千葉市川市

東国花の寺百ヶ寺の桜を追って4月12日に千葉第3番・正中山・法華経寺を訪ねる。このお寺には江戸三鬼子母神の一つとして2008年7月2日に参拝して以来である。
日蓮宗屈指の巨刹で、日蓮上人は松葉ヶ谷法難の後,ここ中山に避難、釈迦牟尼仏を安置して開堂されたのが始まりという。また自ら刻まれた鬼子母神が祀られている。

13 ソメイヨシノの老木は盛りをやや過ぎたものの、境内にそれぞれ健在で咲き乱れている。またシダレ桜は若木ながら見事な色を見せていた。
1~2月はウメ、3月サクラ、4月ツバキ、5月はツツジと花暦は続く。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

神奈川の花100選に名をつらね

34
32 寺社集印=神奈川

東国花の寺百ヶ寺・神奈川第6番=飯山観音(長谷寺)を訪ねる。古くから桜の名所として知られ、神奈川花の名所100選にもなっている。時期的にやや早く7~8分の咲きと見えた。
33 見上げる石段を登ると本堂、07年2月7日坂東33観音霊場巡拝(第6番札所)以来の2度目の参拝である。
開山は神亀2年(725年)行基菩薩によるとされ、その後、弘法大師の教えに領主・飯山権太夫が深く帰依し、伽藍を建立、真言密教の寺として再興したと伝えられる。ご本尊の十一面観音は行基の作と伝えれられる。

35 境内全域に植えられたソメイヨシノは2200本、そのほかヤブツバキ、初冬にはサザンカの赤花が咲くという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

桜より人気集める彼岸花

21
24 寺社集印=神奈川

東名高速・沼津から厚木に戻り、桜の季節でもあり、東国花の寺百ヶ寺・神奈川第7番=日向薬師(ひなたやくし)宝城坊(伊勢原市)に寄ってみた。

23 桜にはまだ早すぎ2~3分咲きと云った所で、駐車場わきではコブシが見事な花をつけていた。
茅葺の本堂は工事中で近寄れず、裏側に虚空蔵さんが祀られていた。
開山は霊亀2年(715年)行基菩薩、ご本尊の薬師如来は行基自ら一刀三礼のもとカツラの木を刻んだものとされる。
開創時には霊山寺と呼ばれたが、宝城坊とあらためられた。境内は樹高30mもあるスギ、ケヤキが繁り、花木はサクラ、アジサイ。最近人気を集めているのが彼岸花だそうで、周辺の田圃や畑の畔、道端の窪地などに群生しており南関東随一の景観を誇るという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

とんがった鉛筆思わすBハリファ

111702 私の絵画・新作

★制作番号 111702

★題 名
   「パージュ・ハリファ」

★サイズ  SMサイズ
       (16㎝×23㎝)

★仕 様 オリオンボード
      ホルベイン水彩

やっと仕上げた小品第二作。
QM
2乗船前のドバイ観光の記録。新名所になった地上838mの高さを誇るハリファ・ビル。よく撮れる場所と云うことで昼食にホテル「ザ・パレス・オールドタウン」に立ち寄り、どうにか全景を捕らえることが出来た。鋭い鉛筆を思わせるビルで、内部はホテルが一部開業しているものの、景気を反映してオフィス・商店には空きがあるようだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

陽春の日差しに誘われ松蔭寺

Photo
2 寺社集印=東海・沼津

余りにもよいお天気に誘われて、久しぶりに東名高速をドライブする。目指すは「達磨図」「観音菩薩」で知られる白隠(はくいん)禅師が「中興の祖」と仰がれる寺、白隠宗大本山・松蔭寺(しょういんじ)である。開山は弘安2年(1279年)鎌倉円覚寺の渡来僧「天祥和尚」により、また慶安年間(1648年ごろ)白隠慧鶴により中興されたと伝えられる。

3 白隠禅師は自ら極貧の食事と厳しい修行をする禅風で、この徳を慕い四百人もの修行僧が全国から集い、名声は天下に轟いたという。また得意の画風による迫力ある説法画は数知れず、禅画の代表作として各所に保存されている。

4写真は座禅堂、この中に眼光鋭い白隠坐像(伝白隠作・上の写真)が安置されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

出島に建つ砂上の楼閣アル・アラブ

111701 私の絵画・新作

★制作番号 111701

★題 名
  「パージュ・アル・アラブ」

★サイズ SMサイズ
       (16㎝×23㎝)

★仕 様 オリオン・ボード
      ホルベイン水彩


震災後、気を取り直して今年の新作第一号が小品ながらやっと完成と云うことにした。
2010年2月、QM2のインド洋横断クルーズ参加のためドバイに飛び、乗船前の半日、ドバイ観光をした時の記録。なんでもアラブの王侯貴族、VIPだけしか泊れないという、格式高きホテルだそうだ。出島に建つこのホテルは厳重に警備されている。こちらには「砂上の楼閣」としか映らないが・・・。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

節きたり満開迎えし寛永寺

111705
111703_2 上の散歩

ここのところ朝の冷え込みがきつく、桜の開花は足踏みかと思われていたが、上野・寛永寺・根本中堂のまわりの桜が満開を迎えている。

今年は東日本大震災の後だけに、16万人を数えるといわれる上野の桜祭りは自粛するという。結構なことで、花見の陣取り、それに馬鹿騒ぎがなくて、静かに花をめでることが出来そうである。

被災地の皆さん、一日も早い復興を願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

犠牲者は3万人に達するか

006 上野散歩

3月29日15時30分に定置撮影した東京スカイツリーの進展状態。高さはほぼ所定の位置まで伸び、そのまわりに逐次付属の設備を取り付けているようである。

さて気になるのが東日本大震災である。発生から3週間が過ぎ、避難状況、救援状況、被害状況が明らかになってきている。

4月1日午後9時現在の被害状況は(警察庁まとめ)
☆死 者   11,734人
☆行方不明 16,375人
★合 計   28,109人
★建物被害196,195戸 に及んでいる。
自衛隊・米軍による空陸海からの大規模な捜索活動
が続けられているので、犠牲者はまだまだ増加するものと推定されている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

月替りなお朝冷えや被災の地

2010_4
今日から4月、やっと暖かくなってきたが、東日本大震災の被害地では三週間経過して今なお朝冷えが続いている。余りにも大きな地震・津波・原発事故の三重苦である。避難も進み初期の救援は完了したかに見えるが、「復旧」までの道のりは極めて遠い。
月替わりで、まづは荒良寛さんの4月カレンダーを紹介する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »