« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月20日 (日)

大津波太平洋岸を直撃

005_2
003 上野散歩

3月11日午後にM9.0の東北関東大震災が発生、東京の震度5、首都圏の交通機関はストップ、その夕方は帰宅難民があふれた。
東日本太平洋沿岸500㎞に亘って大津波が襲った。北は青森の八戸から宮古、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼、石巻、塩釜、仙台、岩沼、相馬、原町、いわき、南は茨城の日立、大洗、鹿島まで大きな爪痕を残して行った。死者数は8000名を、さらに行方不明者を加えると二万人を越えたと伝えている。まさに戦後最大の大災害である。身近では石巻地区の友人3名の安否が確認されていない。合掌。
004 さらに福島第一・第二原発の被害は甚大で、この一週間このニュースでテレビに釘付けにされた。
一週間たって、やっと腰を上げ、上野の山に登って見た。寛永寺の石灯篭一基が転がっていた(写真中)。また動物園は日曜日と云うのに休園であった(写真下)。トップ写真は東照宮のモクレンの花とカボスの実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

春空ににょっきり伸びるツリーかな

001 上野散歩

このところ寒い日と雨の日が続いたので、スカイツリーの定置撮影が気になっていたが、やっとカメラを持ち出す気になったので、ここに紹介する。
3月4日PM4:30のもので、電波塔は最上部まで立ち上がっている。これから開業まで、内部の工事が主体になるのだろうから、外観の変化といえばクレーンの撤去ぐらいで目立つものはないと思われる。
いよいよ開業が待ちどうしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

悪い種隠していても悪い実が

2010_3
早いもので、今日から弥生・三月入りで、あっという間に1~2月は過ぎ去った。
特に2月中旬以降、野暮用に追われ、取材にも出られず、かなりのご無沙汰になった。
今日は荒良寛さんの3月カレンダーで勘弁して貰おう。本文は「隠していても何時かは悪事は露見する」と云うことだろう。蒔いた種の責任は「いい・悪い」に拘わらず自分で負わねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »