« 赤いもの つけてポカポカ 東照宮 | トップページ | エーゲ海 波頭たて 胴を打ち »

2006年11月 1日 (水)

爆音を お供に成田 秋立ちぬ

シーボン・スピリット号乗船日記①

0024 0025

0027 0026

某日13:05アリタリア航空AZ787便にてミラノへ。所要時間12時間30分。現地時間18:35ミラノ着。時差ー7時間。ホテルで第一夜。

翌日10:40ミラノ発、14:15アテネ着。まづはアクロポリスの丘へ。ここで一句。

「天高く アクロポリスは 胸をはる」

いよいよお目当ての船:アテネ・ピレウス港に停泊中のシーボン・スピリット号に乗船。5デッキ、206キャビンに落着くまもなく、避難訓練。

18:30夕食前に船は静に岸壁を離れトルコへ向け出港。そこで一句

「泳げない うちのオババと 船出かな」

(蛇足ながら、写真をクリックすると拡大します)つづく

|

« 赤いもの つけてポカポカ 東照宮 | トップページ | エーゲ海 波頭たて 胴を打ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤いもの つけてポカポカ 東照宮 | トップページ | エーゲ海 波頭たて 胴を打ち »