« ギリシャ領 レスボス島は 秋寒し | トップページ | みづゑ展 無事に迎えた 千秋楽 »

2006年11月11日 (土)

吹き降りに マルマラの海 大暴れ

シーボン・スピリット号乗船日記⑤

0046  0047

今日は終日航海だ。本船は昨夕17:00レスボス島を出港して北上。夜中23:00ごろからダーダネルス海峡に入り、これを抜けて1:30マルマラ海にいたったという。大変な揺れで再三、目が覚めた。多分マルマラ海に入ってからと推察される。

夜が明けて海は相変わらず大シケがつづき、11:00ごろやや穏やかになった頃にはボスボラス海峡入り口に辿り着く。すなわち左にイスタンブールの町並み、右に東西を結ぶ大つり橋の東側(写真参照)を見ながらこれをくぐった。ここで一句             ボスボラス 東西つり橋 潜り抜け

13:00ごろ海峡を抜けて黒海に。またまた荒れる海「黒海」の名に恥じないシケ模様で、本船は東北東に進路をかえて進んだ。さらに一句                       黒海は 大きなうねりで 迎え撃つ

|

« ギリシャ領 レスボス島は 秋寒し | トップページ | みづゑ展 無事に迎えた 千秋楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギリシャ領 レスボス島は 秋寒し | トップページ | みづゑ展 無事に迎えた 千秋楽 »