« 十七宮 千七百余の モスクかな | トップページ | 安全のお礼をこめて新勝寺 »

2006年11月22日 (水)

モスクから 響く呼び声 天までも

シーボン・スピリット号乗船日記(完)

0071 0072 00730075 0076 陸上のホテルでゆっくり休んだ。まずはドルマハフチェ宮殿へ。オスマン朝スルタンの最後の居城。(写真上左)次は軍事博物館。ここで迫力のある軍楽隊の演奏をきいた。( 写真下2枚)

イスタンブールでもう一泊。夕方6時にはけたたましい礼拝の呼び声が、町中に響き渡る。(写真上中はホテルの窓から周辺の様子)

朝のうち東西を結ぶ大動脈ガラタ橋(写真上の右)、オリエント・エクスプレスの終着駅シルケジ駅を眺めて空港へ。それからミラノへのフライト。ミラノは冷たい雨。ここで一句

旅終わり ミラノの町の 秋の雨

ミラノ一泊、そして帰国。(蛇足ながら写真をクリックすると拡大できます。おわり)

|

« 十七宮 千七百余の モスクかな | トップページ | 安全のお礼をこめて新勝寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十七宮 千七百余の モスクかな | トップページ | 安全のお礼をこめて新勝寺 »