« 教会の 数と古さよ セネバール | トップページ | 十七宮 千七百余の モスクかな »

2006年11月20日 (月)

もまれたが 楽しかったぜ シーボーン

シーボン・スピリット号乗船日記⑧

0063_1 0064_2 早朝本船は再びボスボラス海峡に入り、イスタンブール金角湾の入り口に接岸。

エーゲ海、マルマラ海、黒海へのクルーズもフィナーレを迎えた。総航行距離1195海里(約2,200㎞)。別れを惜しみつつ9:45下船。

イスタンブール市内へとバスを走らせる。(つづく)

|

« 教会の 数と古さよ セネバール | トップページ | 十七宮 千七百余の モスクかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教会の 数と古さよ セネバール | トップページ | 十七宮 千七百余の モスクかな »