« 北海の 港ミナトを QEツー | トップページ | 桐の花 枯れて実がつく 秋日和 »

2006年10月11日 (水)

八雲さん ションベン小僧に 囲まれて

上野散歩0005 0010

歩いていて一番、道を聞かれるのが 国際こども図書館。公園の北の端。JR上野駅公園口を起点にすれば、中央に出て噴水池を右に見て、斜め右に進むと東京都美術館、それを迂回して奏楽堂のさきに信号のある交差点に出る。交差点をまっすぐ渡ると黒田記念館、その並びにある。早い話が国立博物館と芸大のあいだに当たる。

建物はがっちりしたもので時代を感じさせる。写真右が正面玄関。よく写真を撮ったり、スケッチをする人を見かける。

玄関前の広場に、写真左の噴水のある小さな池がある。噴水の胴の部分に小泉八雲の肖像がはめ込まれ、上の球にハダカの子供がジャレている。チョロチョロ出てくる噴水があたかも子供たちのオシッコを連想させ、微笑ましい。

まだ図書館に入っていないし、小泉八雲と子供たちの関係も私は分からない。

|

« 北海の 港ミナトを QEツー | トップページ | 桐の花 枯れて実がつく 秋日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海の 港ミナトを QEツー | トップページ | 桐の花 枯れて実がつく 秋日和 »