« 秋の雨 ときに備えて みづゑ描く | トップページ | 北海の 港ミナトを QEツー »

2006年10月 8日 (日)

EUの 西のはずれか ロカ岬

作品紹介0011_4 0012_1 0013

前回、個展の話が出ましたが、構成は3つ。リスボンからその郊外(ポルトガル)のグループ 、QE2の北海クルージング(ノルエー中心)、それに棚田(日本の山里)です。今回はポルトガルの一部。

左:ユーラシア大陸の最南端 ロカ岬。「ここに陸地果て、海はじまる」と某詩人が詠んだそうだ。水彩F10号

中:トマールのキリスト修道院。大航海時代の遺物。水彩P5号

右:城郭の町オビドス。城壁の上から民家をみる。水彩P5号

|

« 秋の雨 ときに備えて みづゑ描く | トップページ | 北海の 港ミナトを QEツー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の雨 ときに備えて みづゑ描く | トップページ | 北海の 港ミナトを QEツー »